理想のウエディングを実現できる大阪の結婚式場カタログ

No.1 TVB
TVBのサイト

ゲスト6名プラン:¥150,000~
ゲスト60名プラン:¥615,000~

詳しくはこちら

No.2 アートグレイス・ウエディングコースト
アートグレイス・ウエディングコーストのサイト

ゲスト6名:¥675,000~
ゲスト60名:¥2,003,500~

詳しくはこちら

No.3 ラグナヴェール大阪
ラグナヴェール大阪のサイト

ゲスト30名:¥770,000~
ゲスト60名:¥1,280,000~

詳しくはこちら

費用の安さで選ぶ結婚式場BEST3

料理で選ぶ結婚式場BEST3

チャペルで選ぶ結婚式場BEST3

【特集】泉佐野・堺・岸和田まで泉北&泉南の結婚式場なび

大阪で口コミ評判の良い結婚式場ランキング » 大阪の結婚事情を徹底解説 » 大阪で人気の1.5次会ドレスの色や注意点は何?

大阪で人気の1.5次会ドレスの色や注意点は何?

結婚式の1.5次会ドレス結婚式の1.5次会は、近年多くの人に選ばれています。

披露宴ほど形式を重視するわけでもないが、2次会よりはくだけ過ぎていないという、「隙間を埋める絶妙な会だ」という声も多いです。特に大阪では、新しいウエディングスタイルとして、広く受け入れられています。

しかし、1.5次会は近年になって広まった新しいスタイルですので、「具体的にはどのような形式か?」「服装で気をつけるべきポイントは?」など、知られていないことも多々あるのです。

そこで今回は、「1.5次会で着用するのが好ましいドレスの色やその他の注意点」を解説します。

花嫁は「白色のパーティードレス」が一般的

1.5次会のときの花嫁は、白色のドレスを着用することになります。このとき、1.5次会用のパーティードレスをレンタルするのが一般的です。また、髪型なども結婚式に相応しい「アップスタイル」「ダウンスタイル」などに整える必要があります。 ただし、花嫁であれば結婚式前に入念に準備を重ねるので、服装で失敗することはあまりありません。

招待客は「ドレス」「ワンピース」などの服装が良い

1.5次会に招待された場合、どのような服装で参加するのがよいのでしょうか?
結論からいうと、「ドレス」や「ワンピース」などのフォーマルな服装を選ぶとよいでしょう。

「白色」は絶対にダメ!

ここで気をつけるべき点は、ドレスの色です。 絶対にNGな色は「白色」となります。新婦は白色のドレスを着用しているので、その色にかぶせてはいけません。また、「アイボリー」「ベージュ」などの色は、カメラのフラッシュによっては白色のように見えてしまうことがあるため、着用を避けてください。

主役は新婦! 目立つ色もNG

また、いくら白色ではないからといって、「新婦より目立つドレス」を着用してはいけません。
例えば、「真っ赤なドレス」や「派手な柄が入ったドレス」などは、新婦より目立ってしまう可能性があります。誰が主役なのかを考えて、ドレスを選ぶようにしてください。

「ツートンカラー」や「革素材」も着用してはいけない

結婚式に相応しくないイメージを持たれるようなドレスも厳禁です。 黒が葬式を連想させるので着用してはいけないということは周知の事実ですよね。

しかし、以下のようなドレスも着用を避けるべきだということは、知らない人も多いです。

・別れを連想させるようなツートンカラーのドレス
・殺生をイメージさせるような革素材のドレス

このようなドレスは絶対に避けるようにしましょう。

新婦が気分を害する可能性のある服装も避けよう

新婦の気分を害するような服装は極力着用しないようにしてください。例えば、普段着として使い回しができるようなワンピースや、別の場でも使っているスーツなどです。人にはそれぞれ事情があると思いますが、「自分のための特別な場」に普段のままの格好で来られると、「わざわざ良い服を用意するまででもないってことなの?」と思われてしまう可能性があるのです。

「靴」にも注意が必要!

ドレスの色ばかりに注意が向きがちですが、履いている靴もセットで考えてください。つま先部分があいている靴やサンダルなど、あまりカジュアルな靴はNGです。また、生足を出すのもマナー違反となりますので、肌と同じ色のストッキングを履いてください。 靴の種類に迷っているなら、ヒール付きのパンプスが最も無難な靴となりますので、検討してください。

このように、1.5次会がいくらフォーマル過ぎない場だといっても、目立つ服装はよくありません。1.5次会は新郎と新婦のための場です。新郎と新婦を祝福する気持ちが、自分の服装にも表れるようなコーディネートをするよう心掛けましょう。