理想のウエディングを実現できる大阪の結婚式場カタログ

No.1 TVB
TVBのサイト

ゲスト6名プラン:¥150,000~
ゲスト60名プラン:¥615,000~

詳しくはこちら

No.2 アートグレイス・ウエディングコースト
アートグレイス・ウエディングコーストのサイト

ゲスト6名:¥675,000~
ゲスト60名:¥2,003,500~

詳しくはこちら

No.3 ラグナヴェール大阪
ラグナヴェール大阪のサイト

ゲスト30名:¥770,000~
ゲスト60名:¥1,280,000~

詳しくはこちら

費用の安さで選ぶ結婚式場BEST3

料理で選ぶ結婚式場BEST3

チャペルで選ぶ結婚式場BEST3

【特集】泉佐野・堺・岸和田まで泉北&泉南の結婚式場なび

大阪で口コミ評判の良い結婚式場ランキング » 大阪の結婚事情を徹底解説 » 結婚式の招待状の間違えた書き方!句読点・忌み言葉などを解説

結婚式の招待状の間違えた書き方!句読点・忌み言葉などを解説

結婚式招待状結婚式を開催する時は、「友人」「知人」「親戚」「お世話になった人」などに、招待状を送る必要があります。

しかし、結婚式の招待状に書く文章には、普段手紙に書くようなものとは違い、正式な書き方があります。

そこで今回は、「結婚式の招待状の間違えた書き方」を解説します。

 

 

 

文章の書き方で間違えがちな2つのポイント

結婚式の招待状は、文書の書き方にも注意が必要です。
気をつけるべきポイントは複数ありますので、以下で解説します。

1. 句読点を使ってはいけない

結婚式の招待状では、句読点を使わないように注意してください。これは、「お祝い事には終止符を打たない」という意味が込められているためです。文章の区切りをつけるときは、1文字分のスペースを空けて対応しましょう。

2. 忌み言葉を使ってはいけない

また、忌み言葉も避けるようにしてください。忌み言葉とは結婚式や葬式などの場で、使用を避けたほうがいい言葉のことです。

結婚式においては、縁起の悪い言葉であったり、離婚を連想させたりする言葉が、忌み言葉に当たります。

例えば、「お忙しいところ」という言葉はつい使いたくなってしまいますが、「忙」という漢字は心を亡くすと書きますので、結婚式のようなおめでたい場には相応しくない忌み言葉です。このような言葉を使う代わりに「ご多用のところ」「おいそがしいところ」などの言葉に書き換えてください。 何が忌み言葉か判断できない場合、周囲の人たちやウエディングプランナーなどに相談してください。

また、インターネット上には、忌み言葉を自動でチェックするような無料ツールなども存在しますので、清書前には活用することをおすすめします。

結婚式の招待状を送る時に間違えがちな3つのポイント

次に、結婚式の招待状を送る際に注意したいルールについて見ておきましょう。

1. 宛名書きは、細い字で書いてはいけない

結婚式の招待状を書くときに「使い慣れているボールペンで書きたい」と考えてしまうかもしれませんが、これはNGです。

結婚式の招待状を書くときの宛名書きは、毛筆や筆ペンを使用してください。これは、「太くて濃いことが縁起の良いこと」とされているからです。若者は、このようなマナーを気にせずボールペンなどで書いてしまいがちですが、招待客の中にはご年配のお世話になった人などもいるはずです。たとえ毛筆に慣れていなくても、気持ちを込めて書けば大丈夫です。

2. 肩書を間違えてはいけない

結婚式の招待状を出すときは、相手の肩書を間違えてはいけません。相手の名前を間違えないようにするところまでは意識が向くのですが、多くの招待状を送る中で相手の肩書を間違えてしまうことが多いです。肩書を間違えてしまうと、相手の自尊心を傷つけてしまう可能性があります。そうならないように、事前に肩書を確認することが大切です。

3.結婚式直前に招待状を送ってはいけない

当たり前の話ですが、結婚式の開催直前に招待状を発送してはいけません。招待客にも予定があり、急な休みを取得することは難しいからです。結婚式の招待状は開催日の2ヶ月前ぐらいには、招待客の所へ届くように発送してください。これなら、招待客も余裕をもってスケジュールを合わせることができます。

正しい書き方を確認して招待状を作成しよう

このように、結婚式の招待状では普段の手紙やメールとは違い、間違った書き方は極力避けなければなりません。

一度、招待状の書き方をよく学んでから、招待状の作成に取り組んでください。